高田渡さんを偲んで

2006/04/16 08:31 PM
今日は大好きな高田渡さんの命日。
一日中渡さんの歌を聴いていました。
渡さんが天国に召されてからもう一年になります。
今でも歌を聴きながら涙ぐんでしまいます。

渡さんのことを好きになったのは5年前。
「自衛隊に入ろう」や「自転車にのって」は知っていたけれど、リアルタイムで聴いたことはありませんでした。
富士吉田にある「ナノリウム」というギャラリーカフェで初めて渡さんのライブを経験し、一目惚れでした。
それからCDを買い集め、毎年のナノリウムでのライブに行きました。

こんな人はいないと思いました。
琴線に触れる歌です。
渡さんが作った、あるいは選んだ詩自体もそうですが、それに曲をつけて歌う渡さんの存在そのものがぐ~っと心に沁み込んでくるのです。
「生きているってこういうことなんだ」「生きていてよかった」って思えて泣けてくる。
何が大事かっていう価値観が変わってくる。
アコースティックギターマガジンで小室等さんが言っていた。「渡の歌には、人間の奥深いところから立ち上がってくる何かがあるんですよ。それが聴き手の心の奥深いところに届いて共感を呼ぶ。琴線に触れる何かが彼の声や歌いっぷりにあるんだな。それは渡自身も気づいていなかったはず。自覚したらきっとそういう歌にはならないんだと思う。巫女とかシャーマンとかに通じるようなね。とにかくそのスピリッツがパフォーマンスに宿るんだろうね。」
まさにそのとおりだと思います。
そこにいるだけで幸せな気持ちになれる人です。
ライブのときに少しだけお話をし、握手をしていただきました。
その手の温かさ、柔らかさが今でも忘れられません。

「いつか」という渡さん作詞作曲の歌。

   一度も逢わないことだってある
   すれ違いすらしないことだってある
   
   渦巻くグラスの中に浮かんでいる
   自分がみえるのはいつの日のことか

   気がつかないで通り過ぎていくのが一番いい
   出逢った時が一番いい

   いつか目が覚めない朝を迎える時がくる
   永い夜は短い朝に逢う為にいるのか

   一度も逢わないことだってある
   すれ違いすらしないことだってある

ほんとに一秒違えば出逢えなかった人もいる。
何も感じなければ得られなかったものもある。
自分のまわりにいる人たちに出逢えた幸せ。
今ここに生きていることがほんとうにありがたいと思います。
「死ぬまで生きてやる」って渡さん言ってたね。
これって素晴らしい死生観だと思います。
私も死ぬまで生きるぞっ!

渡さんの奥さん、友恵さんが呟いた言葉、小林政広監督のブログで知りました。
「一粒の麦にあらず、米として死んでいった、たーさん」
友恵さんは心から渡さんを愛し、渡さんに愛されていたのだなと思います。

渡さんと同じ時代に生きられて幸せです。
渡さん、ありがとう。
天国で元気に暮らしてね。

一周忌の今日、渡さんへの思いを残したくてへたくそな日記にしてみました。
watarusan.jpg

2006/04/16 08:31 PM

種を蒔く人

2006/04/08 08:08 PM
nanohana.jpg

この花の黄色が一番好きな色です。
毎朝の散歩で楽しませてもらった菜の花もそろそろ散り始めました。
dotenokesiki.jpg

これは少し前に撮った物ですが、
私の散歩コース、狩川の土手です。
遠くには富士山も見えます。
左側の土手にはず~っと菜の花が咲き揃っています。
それはそれは見事な菜の花道です。
もう何年になるでしょうか。
年毎に土手や河原に増えていくこの暖かな黄色の花。
土手沿いにある床屋さんのご主人が種を蒔いて大切に育てて下さっているのです。
tanewomakuhito.jpg

この前、ご主人が河原に丁寧に種を蒔いてらっしゃるのをお見かけしました。
翌日に見たらこのように保護されていました。
なんの種なのでしょうか。
どんな花が咲くのか楽しみです。

いつかお礼を言いたいと思いながら未だお話できずにいます。
ありがとうのメッセージを書いてポストに入れておこうかとも思います。

そして今は、菜の花とバトンタッチするかのように矢車草が咲き始めました。
(今度撮ってきますね)
四季折々に色々な花が咲き、この土手をゆく人たちの心を和ませ、暖かな気持ちにしてくれます。

床屋さんのご主人、ほんとうにありがとうございます。
おかげさまで毎朝気持ちよく散歩させていただいています。
シンバも喜んでいますよ(*^_^*)
sinbananohana.jpg

2006/04/08 08:08 PM

わらく 8周年です!

2006/04/01 08:40 PM
baranohanataba.jpg

今日、4月1日は店の誕生日です。
8歳になりました。
やっと小学2年生です(^.^)

8年間、あっという間でした。
いろいろなことがありました。
やめたくなるような辛い思いや悲しい思い(怖い思いもあったなあ・・・)もたくさんあったけど、嬉しい、楽しい思いのほうがいっぱいありました。

ここにこのような場所を持て、ふれあいが生まれ、いろいろな繋がりが生まれました。
この店を創めなければ得ることができなかったたくさんのご縁。
こんな不便な場所なのに、わざわざ足を運んでくださるお客様。
寛大な心で作品を提供してくださる作家さんたち。
元気付けてくれる友人たちや親戚、家族。
そうそう、猫たちも。
お客様が一人もいらっしゃらないとき、何度でも顔を出して慰めてくれたね(=^・^=)
ほんとうにありがたい限りです。

励まし、応援してくださる方々に支えていただいて今日までやってこれました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
好きなものや好きな人たちに囲まれて、幸せです。

ここに「わらく」があればいろいろなことが生まれる。
これからもずっとあり続けられるよう頑張りたいです。
居心地の良い、暖かな、温かな場所であり続けられるように。
2006/04/01 08:40 PM
プロフィール

drecom_waraku

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ